ホーム 歴史トップ 岩美町 愛宕山 2へ
岩美町 愛宕山 1 平成30年4月30日 所在地:鳥取県岩美郡岩美町岩井
岩美町の岩井温泉に愛宕山という山がある。

謂われのある山というわけではないが行ってみた。

岩井温泉の裏山で狭い道の奥にあり、駐車スペースに困りそうだった。

岩美町役場に問い合わせると、
町営のゆかむり温泉駐車場があり、そこを利用しても良いでしょうとのことだった。
ゆかむり温泉駐車場

温泉からは100m以上離れていますが、鳥取市在住の医師から寄付された土地を有効活用するため、温泉の駐車場にしているようです。

この左の道を進む。
正面に東源寺が見える。
東源寺。
上の写真右側に愛宕山への登り口がある。
草が伸びてくると道がわかりにくいかも知れない。
愛宕山は西国三十三所霊場になっている。
道の途中には石仏が奉られています。
途中に、少し広くなってベンチのある場所もある。
遊歩道の上に朽ちた大木がある。

実は、今日ここに来た理由はある着生植物を探すためでした。
と言っても、双眼鏡は持ってきたものの探す気が起きません。
ひょっとして、昔この木に着いていたのかも知れないい。
霊場巡りは一体毎に手を合わせるのでしょうが、信仰心のない私は
写真を撮って歩くだけ。

しかし、三十三所霊場なら三十三体あるはずなのに、数えてはいないが少ない気がする。
徐々に高度を上げてきました。
道はつづら折りになっています。
山頂手前で開けてきました。
右横に東屋があります。
大きな東屋です。
中は広い。
でも、窓ガラスがないので風の強い日は使えません。

奥の左下に見えるのはトイレです。
維持管理は出来ていないでしょう。
愛宕山展望台に着きました。
横にはゆかむりの塔があります。

頭に手ぬぐいをのせ、湯かむり唄を唄いながら、柄杓で湯をかむる風習をユーモラスにシンボル化した塔だそうです。
愛宕山の地図。
展望台。
その奥には愛宕神社があります。

右横に地図に描かれた下に降りる道があります。
さて展望台に登ってみます。

古いものですが、ガッシリしたコンクリート製で不安感はありません。
眼下に広がる岩井温泉の町並み。

岩井温泉は、1300年の歴史を誇る山陰最古の温泉だそうで、目の前に見える蒲生川沿いの断層と、北西に走る断層を伝って温泉が湧いているそうだ。

写真中央、向かいの山下に岩井廃寺塔跡がある。白鳳期の寺院で岩井温泉の開湯と同時期か、若干前後する。
パノラマを作ってみました。
画像をクリックすると、別ウインドウで拡大されます。
左のポールは2本立っているのですが、合成ソフトが1本を半分に切ってしまいました。
ホーム 歴史トップ 岩美町 愛宕山 2へ