ホーム 植物のお話
コキンバイ
和名:小金梅  バラ科  コキンバイ属  多年草
  鳥取県:絶滅危惧T類  県内分布:氷ノ山 平成24年7月21日
鳥取県でコキンバイの分布は氷ノ山のみ。

冷涼な気候を好み、氷ノ山は日本の分布西南限。兵庫県でも氷ノ山のみで、次は中部地方まで生育地はないようだ。

写真は5月下旬に氷ノ山で撮影。
若干時期が遅いが、散った花は見られなかった。
遅れると終わっている。これは昨年撮影した咲き残りの花と散った後。

黄色い花は派手だが、葉の高さがないので終わると目立たない植物。

バラ科のキジムシロ属に似た花があり、植物に興味の無い人は黄色の花で一括りにされそう。
花を拡大。
葉の両面に毛があると言うが、表側はほとんど見えない。
葉の裏側と葉柄の毛は目立つ。

葉は触るとペラペラした感じ。
ホーム 植物のお話